☆ミロクの日 笠山荒神 閼伽井の不動のコードを読み解く☆ | ウリュウアカーシャラボ
スポンサーリンク

☆ミロクの日 笠山荒神 閼伽井の不動のコードを読み解く☆

この記事は約3分で読めます。

こんにちは

長いことお休みを頂いておりましたm(__)m

 

今月の初旬2021年3月6日…ミロクの日

奈良の笠山荒神を参拝しました

笠山荒神の歴史はとても古く

地元の伝承ではこの笠山の歴史を掘り起こすと

今の歴史がひっくりかえってしまうとも言われています

 

笠山鷲峯山

笠山は、遠い古の縄文時代より開けて居り大和発祥の地とも言われて居る。鷲ヶ峰山は皇祖の御陵山とも云われて、天照皇大神の御こもりになってい居る山とも伝えられて居る。

この山は七袖七谷よりなりて、古は全山原始林におゝわれて、昔は何人も入山する者無く神体山鷲ヶ峯皇神山として敬われて居たと言う。一千参百年余り前、役の行者が参詣されこの峯に小さなネ巳ほこらを建て、皇神宮として何人にも取毀されない様にして城劦の笠置山伏一代ごとに此こに来たりて勤め侍り居たり。以下略

引用:笠山秘話第一部 細川甫著 笠山愛神会発行

元伊勢の候補地ともされ

古えより高僧や修験者そして陰陽師の修行場…聖域として祀られてきました

良辯僧正は東大寺開山

弘法大師は高野山建立のために

この地で祈願され自身の志を果たされました

笠山荒神はまず閼伽井の不動を参拝する流れをお勧めされています

今回は笠山荒神での気づきを書いていきます

受け取ったインスピレーションの鍵は

この閼伽井の不動には

白龍・辯財天・黒龍が祀られていることでした

 

その前に

GODという言葉に隠された意味をご存じでしょうか?

GOD=神というその言葉の奥にはこのような摂理があります

 

それはヒンドゥー教で表すと

ブラフマー 世界の創造神 Generator

ビシュヌ 世界の維持神 Operator

シヴァ 世界の破壊神 Destroyer

GOD…神とは創造~維持~破壊

そして虚空へ還り虚空からまた創造がはじまる

この世界の摂理のこと

 

話は戻って

今回閼伽井の不動で得られたインスピレーションは

この土地はGODの摂理を体得する磁場ということでした

 

白龍 創造神 Generator

辯才天 維持神 Operator

黒龍 破壊神 Destroyer

 

白龍は創造

そして黒龍は破壊を司ります

しかし

維持神ビシュヌがどうして辯財天なのか

辯才天はサラスバティではないのか?

 

調べてみると興味深いことにヒットしました

 

「金光明経」において

辯財天を「世界を領する那羅延天」すなわちヴィシュヌ妃と読んでいたこと

妃というところから女性性や陰の領域

ゆらぎや見えない領域を維持するというところでしょうか

 

大切なことは

得た知識はそのまま鵜吞みにせず

インスピレーションとともに

調べること

サニワをすること

実践体験すること

そしてその体験をアウトプットする…シラス(しろしめす)こと

 

肉体を不動=空(ゼロ化)の状態にして

この閼伽井の磁場に秘められたコードを読み解くと

自分自身の世界…多次元を貫く志をはたすためには

この宇宙を構築する循環の摂理

内なる世界の循環の摂理をこの磁場をもってダウンロード…認識する必要があるようです

 

それではまた

お読みくださりありがとうございました(^^)/

いやさか

榮 拝

コメント